慢心

援交募集

援交募集しているのになかなか相手の男性が見つからない。自分の写真を載せているせいか、援交募集しているならどう少し痩せろと批判なことも言われる。なので、デブ専の人を募集と記載してようやく1人の男と出会いました。彼はデブとは言わずぽっちゃりの人が大好きと言っていました。その理由はふくよかな体で抱きしめられたい。癒されると言うのです。それだけでお小遣い貰えるのと確認すると「抱きしめてくれるだけで幸せだけど、それを裸でギュッとしてくれるなら本当に嬉しいし、1万あげるよ。それ以上のことはしないし、嫌がることもしないよ。」私は彼に会うことにしました。
援交募集
会った彼はとても小さい男性でした。そんな人が体の大きな私が抱きしめて大丈夫かなと少し心配になるくらい小柄でした。ホテルに着き早速希望通り裸になり彼をギュッと抱きしめました。裸だから恥ずかしいけれど彼は抱きしめるだけで特別何もしてきませんでした。その後は膝枕。そして、おっぱいを触りたいと言われ別料金と笑いながら言うと「もちろん。」と言っておっぱいを触らせ、その後赤ちゃんみたいにチュッチュッし始め恥ずかしかった。それ以上もしたいと言われたけれど私がそこまではやりたくなかったので断りましたが彼は分かったと言ってその後は会話をしながら膝枕を続け1時間後に解放されました。終わったあとはお小遣いをもらいまた会う約束をしました。こんな楽な人に出会えた私は運がいいなと思いました。
定期の援交
援交希望

テキストのコピーはできません。